MENU

肌を再生するってどういうことなの?

 

肌の毛穴や頬の赤みがなかなか治らな場合は、
スキンケアやメイクのし過ぎで、肌があれてしまっている状態かもしれません。

 

頬の毛穴は加齢という原因で頬がたるむことでも開いてきます。

 

この加齢によるたるみは頬の筋力を鍛えたりエイジングケアで減少してしまった、コラーゲンやエラスチンなどを補ってあげる必要があります。

 

また、乾燥という大きな問題も隠れている可能性が高いです。

 

こう行った場合、肌の一番表面の角質層が薄くなってしまってキメが乱れてしまっていることが考えられます。

 

 

 

洗浄力の高い洗顔やクレンジング、ピーリング、スキンケアのしすぎなどで、
肌の表面をこすることでどんどん肌の角質層はうすく削られていってしまいます。

 

そうなると肌の中の血管も透けて見えてしまったりして赤みとなってしまいます。

 

また、外的刺激をもろに受けてしまうので、どんどん肌は傷ついてしまい、修復できなくなってきてしまいます。

 

さらには、水分を保持するセラミドが角質層からどんどん減少してしまい、水分もどんどん蒸発してしまうことでより乾燥がすすんでしまいます。

 

こうなったら肌の再生しかありません!

 

 

肌を再生するということは、肌が本来の力を取り戻すということです。

 

肌本来の力とは、

 

外的刺激をブロックすることができて、
乾燥している空気にさらされれも、肌の水分は失われることなく保たれ、定期的に元気な肌の細胞が肌の奥で生まれて肌表面にでてくるしくみがしっかりできていること

 

をいいます。

 

 

肌本来の力は、加齢や生活習慣、間違ったスキンケアなどで
簡単にくずれてしまいます。

 

 

肌を再生するためにまずするべきこととは?

 

肌を再生するためにまずするべきことは、

 

  • 今までのスキンケアをやめること
  • セラミドを肌に補って徹底的に保湿すること
  • 洗顔を見直すこと

 

肌が正常な状態になれば、肌の奥まで光りが通って
透きとおったような透明感が出てきます。

 

まずは、勇気をもって今までのスキンケアをやめてみてください。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ