MENU

頬の毛穴や赤みを改善する方法は4つ!超簡単です!

頬の毛穴や赤みの原因
「たるみ」と「乾燥」にあることがわかりましたね。

 

ここでは、その原因を取り除くために何をすればいいのか4つのポイントを教えます。

 

クレンジングや洗顔を見直す

 

 

基本的に洗顔を見直すことでかなりの改善がみられるようです。
それだけみなさんの洗顔は間違っていることが多いということですね。

 

基本的に肌には負担をかけないのがベスト。
メイク落ちや皮脂を落とすことばかりに注目してしまうと肌はどんどん傷んでいきます。

 

肌を本来の状態に戻すステップは4つ。

@肌を落ち着かせる
A洗顔を見直す
B肌におるおいが復活、キメも整ってくる
C毛穴が引き締まり目立たなくなる

 

具体的な洗顔の方法を知りたい方は「正しい洗顔方法をしらないとシワくちゃおばちゃんになっちゃうかも!?」をご覧ください。

 

 

 

 

保湿を見直す

 

今までの乳液やクリームの油分に頼る保湿はやめましょう。

 

乳液やクリームのつけすぎは、毛穴を詰まらせてしまう原因にもなります。

 

肌本来の水分保持能力を高めるという方向に視点を変えてください。

 

皮脂の水分保持力はたったの2%しかありません。

 

肌の保湿のの80%は細胞間脂質が担っています。

 

この大事な細胞間脂質をまちがった洗顔やクレンジングで洗い流さないようにするケアが一番重要なんです。

 

 

そこで登場するのが、「セラミド」です。

 

細胞間脂質の50%がセラミドと言われています。
なので、セラミドを補うことで 肌の水分保持能力は高まるとされています。

 

加齢によって減少してしまう「セラミド」は、化粧品などで補ってあげることが必要なんですね。

 

お勧めは、セラミドが配合された保湿剤がおすすめです!

 

浸透しやすいヒト型セラミドが配合されたスキンケアはこちら

 

 

顔の表情筋や深層筋を適度に鍛える

 

たるみによる毛穴の開きは加齢よる顔の筋肉の老化が考えられます。

 

だんだん顔の筋肉はつかわなくなると衰えてしまい、頬のお肉を持ち上がられなくなってきます。

 

それがたるみとなってほうれい線や毛穴の開きとなって現れます。

 

対策としては、フェイスエクササイズや顔ヨガなどで顔の筋肉を定期的に動かして鍛えてあげればいいです。

 

フェイシャルフィットネスのPAO(パオ)という道具も顔の筋肉を鍛えるのに効果的なのでおすすめです。

 

 

 

PAO(パオ)を実際に使った感想を見たい方はこちら

 

 

 

紫外線対策や活性酸素対策

 

忘れていけないのが紫外線対策です。

 

日焼け止めは毎日必ず塗りましょう。
日常であびる紫外線ならSPF50までは必要ないので
もう少し肌にやさしいSPF30程度のものがいいでしょう。

 

私はNOVという肌にやさしい日焼け止めを使いはじめました。
皮膚科で進められる、敏感肌用のものですが、ドラッグストアでも売っているのでおすすめです。

 

活性酸素は身体の代謝をあげることで溜まりにくくなります。

 

適度な運動を心がけましょう。

 

 

 

このページの先頭へ