MENU

正しい洗顔方法をしらないとシワくちゃおばさんになっちゃうの?

 

正しい洗顔方法っていろんな雑誌などでも見かけますが、
どれにも共通していること。

 

それは、

 

「肌をこすらないこと」

 

肌の乾燥や毛穴の開きなどのトラブルを解消するために
いままで自分がしていた洗顔の見直しはとても重要になってきます。

 

乾燥のせいでしわくちゃなおばさんにならないために洗顔を見直しましょう。

 

 

洗顔を見直すには具体的に何をしたらいいのでしょうか?

 

3つのポイントで紹介していきますね。

 

肌を傷つける成分が入ったものやパックはやめる!

 

毛穴すっきりパックは一時期流行しましたよね。
私も大学生のころ使っていましたが、今では後悔しています。

 

皮脂や顔のザラザラを解消したくてスクラブ入の洗顔をつかっているひともやめましょう!

 

また、無理にゴシゴシと毛穴の角栓や汚れをとるのもNG!

 

無理やり肌をこすることで、肌を傷つけてしまい、肌の表面を削ってしまうことに・・・・

 

そうなると肌の角質層が剥がれてバリア機能が失われてしまい、
炎症や乾燥などのトラブルにつながってしまうからです。

 

肌にやさしい洗顔料をつかうことが大切です。

 

石油系界面活性剤が入ったものはできるだけさけてください。

 

洗浄力が高いものは肌にはやさしくありませんよ。

 

一番いいのは無添加の石鹸。
泡をしっかりたてて、肌の上をやさしくなでるように洗いましょう。

 

ETVOSの(エトヴォス)の石鹸は無添加ですし、いい泡ができておすすめです。

 

 

 

朝は水だけの洗顔でもOK!

 

水だけの洗顔に抵抗がある人もいるかもしれませんが、
今までが洗いすぎだったということを自覚しましょう。

 

「水だけでは汚れが落ないんじゃ〜〜」って思いがちですが、
乾燥肌の人は、夜寝ている間だけではそんなに多く皮脂は出ていないので洗い流さない方がいいんです。

 

もし、皮脂が気になる箇所があるなら、
そこだけ軽く石鹸などで洗う方法をおすすめします。

 

毛穴の開きが目立つ一番の理由は、
「洗いすぎている」 「洗顔料を使いすぎている」といっても過言ではないようです。

 

 

肌の赤みがひどい人は「洗わない」という選択肢もありでしょう。

 

毎日朝に洗顔料を使うのではなく、
2日に1回や3日に1回などというように毎回使わないようにすることでも随分肌への負担は軽減されるでしょう。

 

 

洗顔の水の温度に気を付けよう!ぬるま湯で洗うべし!

 

冷たい水で洗うと毛穴が引き締まりそうな感じがしますが、それは一瞬だけで根本的な解決ではありません。

 

熱すぎたり冷たすぎる水は肌への刺激になったり、乾燥を進めてしまうのでやめましょう。

 

30度くらいのぬるま湯がベストです。

 

洗顔のあとにタオルで拭く際には、
やさしく抑えるように水分をとってください。
ゴシゴシ拭くのもNGです。

 

そして、すぐに化粧水をつけてスキンケアを行いましょう。

 

 

まとめ

 

 

 

「朝は水だけの洗顔にして、夜は肌にやさしい洗顔料をつかう」

 

という方法がいいのではないでしょうか。

 

角栓が目立ってきても無理にだしたりしないで、
やさしく押し出すかふき取り化粧水を使うと細かいボツボツがなくなるよ〜
なんて書いてあるサイトがあるけど、肌を傷つけてしまう行為なので
肌が薄くなってしまっている人はやめたほうがいいです。

 

 

「皮脂は肌の天然の保湿剤・保護膜」です。

 

メイクをしなければならない女性は夜はクレンジングが必須ですよね。

 

水でも落せるメイクだと、肌の負担がぐっと減ります。

 

ミネラルメイクというものがあるので興味のある方は試してみてください。

 

 

メイクをしない日を1週間のうちに1日でもつくってあげることを意識しましょう。

 

あと、できるだけ夜の11時頃に寝ましょう。

 

肌がきれいなタレントさんがよく寝ると肌の調子が全然違うといっていました。

 

真似してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ