MENU

セラミドを肌にぬるとどれくらい保湿力があるのか知りたくないですか?

 

 

セラミドは表皮の1番上の層である角質層に存在する保湿成分なので、
お肌に塗っても浸透できる可能性があります。
そのためセラミド配合化粧水や美容液は、非常に高い保湿効果が期待できるとされています。

 

まずはセラミドがどのようにお肌を保湿しているのか知っておきましょう。

 

肌に存在する保湿成分は以下の3つのタイプに分けられます。

 

  • 水分を層の間にはさみ込むタイプ
  • 水分を抱え込むタイプ
  • 水分を吸着するタイプ

 

セラミドは「水分を層の間にはさみ込む」タイプで、
角質層でセラミドを主成分とする細胞間脂質が層をつくり、水分をはさみ込むことで水分を保持します。
このタイプは、とても強い保湿力を持つのが特徴です。

 

よく聞くヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンは、「水分を抱え込む」タイプに分類されます。

 

NMF(天然保湿因子)が「水分を吸着するタイプ」になります。

 

ヒアルロン酸などの方がNMFよりも保湿力は高くなります。

 

 

セラミドを肌にぬるとどれくらい保湿できるの?

 

 

セラミドが配合された化粧品は、皮膚に塗ってから2〜24時間の保湿力が維持されると言われています。

 

朝ぬって夜まで大丈夫ってことになりますね。

 

 

お肌のセラミドが十分で角質層がしっかりしていれば、砂漠のように湿度が低い環境でも、お肌は水分を保持できると言われています。
湿度が0%でも乾燥しないほどの保湿力がすごいって本当にみたいですね。

 

セラミドは元々お肌の角質層に含まれる成分なので、敏感肌にも安心な保湿成分です。
アトピーの治療にも使われるくらいですしね。

 

セラミドは強い保湿力と安全性を兼ね備えており、保湿成分としてもってこいですね。

 

セラミド配合の化粧水や美容液で不足してしまったセラミドを補うようにすれば
ピチピチの肌のままいられるのも夢じゃないかもしれませんね。

 

ヒト型セラミドが配合された無添加のスキンケアETVOS(エトヴォス)を見てみる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ