MENU

セラミドが不足すると肌はどうなっちゃうの?ガサガサのボロボロ??

 

 

セラミドはどんな働きをしているのかをまず知っておきましょう。

 

セラミドは角質層の水分保持機能の鍵を担っています。

 

 

 

 

水分と水分をつなぐ役割をセラミドがしてくれているわけです

 

肌の保湿は80%が細胞間脂質と呼ばれるものが担っています。

 

その細胞間脂質の50%がセラミドと言われています。

 

なのでセラミドが少なくなって不足してしまうということは
肌にとってとても危機的状況に陥ってしまっていることになるんです。

 

 

セラミドは不足すると肌はどうなる?

 

 

セラミドが不足すると、上述の通り水分をはさみ込む働きをしている細胞間脂質が十分に水分を保持できなくなり、お肌が乾燥してしまいます。

 

また、角質層は異物や紫外線からお肌を守るバリアの役割を果たしています。
セラミドが不足すると、このバリア機能が低下するため、あらゆる肌トラブルが発生する原因となります。

 

キメが乱れて、水分をいくら与えても隙間から蒸発してしまって乾燥が止まらなくなります。

 

化粧水でたっぷり水分を与えているはずなのに、乾燥肌なのは水分を保っておく力がなくなってしまっているからなのです。

 

 

セラミドはどこでつくられるの?

 

 

セラミドは、お肌の水分保持だけではなく、お肌の健康を保つ上で大きな役割を果たしています。

 

セラミドが十分に生み出されるためには、ターンオーバーが正常であることがとても重要です。

 

年齢を重ねてターンオーバーが遅くなったり、寝不足などでターンオーバーが乱れると、生成されるセラミドの量が減り、乾燥肌や敏感肌などの原因となります。

 

ターンオーバーが早くなることでも、未熟な肌細胞が表面にでてきてしまうのでしっかり肌をまもることができずに荒れた状態になってしまいます。

 

 

セラミドは化粧品で補えるから大丈夫!

 

セラミドは肌の一番表面の角質層というところで水分を保持しています。

 

この角質層はスキンケアの成分が浸透できる箇所なので
セラミドが含まれたスキンケアを使うことでちゃんと不足しがちなセラミドを補うことができるんです。

 

 

ヒト型セラミドが配合された無添加のスキンケアETVOS(エトヴォス)を見てみる!

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ