MENU

ライスパワーエキスNO.11とセラミドを一緒に使うとすごいって本当?

 

 

ライスパワーエキスNO.11とセラミドはどちらも肌の保湿効果があるとされている成分です。

 

それぞれの働きの違いを知っておくといいですね。

 

 

セラミド

角質層にあって細胞間脂質と呼ばれ、水分と水分をつなぐ役割を果たしている。
肌の保水能力にとても関係している。

 

ライスパワーエキスNO.11

 

セラミドの生成を助ける働きがメイン。これ自体でも保湿力は高い。

 

 

一見セラミドの方が直接的に肌の保湿能力の向上に貢献しているように感じますね。

 

ライスパワーの方は、セラミドを作らせるということから考えると
即効性にはおとるような感じはします。

 

つまり、ライスパワーは、肌の基礎の力を取り戻すように働きかけてくれるので
肌自身が自ら元気な肌細胞を作り出してくれるような助けになります。

 

 

セラミドの場合も、セラミドを補給することで肌のターンオーバーが正常に機能し、肌が自ら肌の水分保持ができるような健康な肌に導いてくれるというものです。

 

前線にたって仕事をするセラミドを裏方で支えるのがライスパワーとでもいえるのかもしれません。

 

 

ライスパワーエキスNO.11は厚生労働省から
「水分保持能の改善」が認められている成分です。

 

セラミドの生成を助ける働きもあり、保湿効果もあるのでとてもいま、話題になっている成分です。

 

 

ライスパワーNO.11エキスとセラミドのダブル使いが最強かも!?

 

セラミドを直接肌から補ってあげて、さらにはセラミドの生成を促すライスパワーNO,11エキスの両方を使えば、
年齢とともに減少していくセラミドを効率よく補うことができるんじゃないかな〜って思うんです。

 

そこで、私が考えたのが、
ライスパワーで有名な「ライスフォース」というスキンケアとセラミド配合の美容液を使うことです。

 

 

 

 

ライスフォースはメイクさんやモデルがこぞってつかっている保湿ケアで有名です。

 

セラミド美容液としてはETVOS(エトヴォス)がヒト型セラミド配合なのでおすすめです。

 

化粧水とクリームはライスフォースを使って、
美容液はエトヴォスのセラミド美容液をつかうというのが私の中でいま一番肌の調子がいい組み合わせになっています。

 

肌の赤みや毛穴の開きが改善されていくのが実感できる組合わせです。

 

ライスフォースもETVOS(エトヴォス)もトライアルがあるので気軽に試せますよ。

 

セラミドを作るライスフォースはこちら

 

 

ヒト型セラミドが入ったETVOSはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ